焼酎のふるさと ~日本最古の「焼酎文献」~

日本最古の焼酎文献

伊佐市にある郡山八幡神社の解体修理の際、頭貫(かしらぬき)の上から、

「施主がケチで、工事の間一度も焼酎を飲ませてくれなかった。
 なんとも迷惑で、ある」

という室町時代の宮大工の落書きが書かれた木札が見つかり、焼酎の飲用について日本国内に残存する最も古い文献となっています。 神聖な神社にそんな落書きを残したくなるほど、焼酎はおいしかったのでしょう。

伊佐は焼酎の蔵元がたくさん

上記の事から当館がある鹿児島県伊佐市は、焼酎の蔵元が何社もあります。
いくつもある銘柄で、「伊佐錦」は特に有名。
それ以外にもたくさんオイシイ焼酎を製造しています。

南九州三県に隣接する伊佐は、九州山系の支脈にある盆地で、
寒暖の差と八方から流れ込む豊富な水脈が、古くから良質の米を作り出してきました。
この良質な水と米、薩摩芋と、焼酎を作るのに最適な素材と条件が揃ったからこそ、
「焼酎のふるさと」になった所以だと思います。

早水荘で焼酎を楽しむ

伊佐の焼酎を存分に楽しんでもらおうと、
焼酎(それ以外も)飲み放題プランを販売中。
※ご夕食時に伊佐市の焼酎を含むアルコールの飲み放題が楽しめるプランです※